【留学をしないで英語とプログラミンを一緒に習得】子供が楽しく学べる環境を作る!

国際社会がますます進む中、世界的な共通言語の「英語」を習得を求められる機会が増えてきています。

ビジネスでも通用するレベルの英語スキルを習得する場合、一番最初に思いつくのが「留学」です。しかし、当然ですが「予算」や「時間」などの制限があるので、誰でも留学にいけるわけではありません。

これからの未来で活躍するお子さんが英語を習得するためには、簡単にはじめられる「習い事」をよく吟味する必要があります。

英語を楽しく覚えることの重要性

日本に住んでいるお子さんにとって、英語を習得することは容易ではありません。
英単語を覚えて、実践を繰り返して、将来的にはビジネスでコミュニケーションをとれるレベルが求められます。

しかし、夢中になれるくらいの「楽しさ」がなければ小さなお子さんが習得するのは難しい可能性が非常に高いです。

無理に英語を学ばせてしまったばかりに、英語は楽しくない!苦手なものと認識してしまい逆効果になってしまったり、習い事をしたのに結果的に習得できないという未来が待っている可能性だってありますよね。

楽しく学べる環境での生産性・パフォーマンスが大切!

誰しも経験があると思いますが、子供の頃、大好きなことをやっている時間は、自ら進んで学習を進めます。生産性が非常に高く、身につくスピードも凄まじいものがあります。

逆に苦手なことをやっている時間の生産性は低く、パフォーマンスも最低。ダラダラと時間をかけても成果がでず、習い事の場合はお金も勿体無いです。

子供には、英語を楽しく学べる環境を与えてあげることにフォーカスしてみてはいかがでしょうか。

当 IdeaKids(アイデアキッズ)のスクールでは、お子さんの好きなフィールに合わせてカスタマイズする独自のカリキュラムの元、「英語」と一緒に「プログラミング」も習得することができます。例えば、スポーツ、ゲーム、ファッション、音楽、など、興味のある分野が異なりますので、お一人ずつに最適化しています。
「好きなこと」にフォーカスしますので、成果を出すポイントとして最も重視していることです!

これからの未来に必要なプログラミングは必須科目!

ロボットやAIの開発が進み、ビジネスでも取り入れている企業が徐々に増え続けています。自動運転の技術や、ペッパー君のような受付ロボット、音声案内の受付など、自動化することができれば人間よりもはるかに生産性が良いです。

ストレスや疲労によるパフォーマンスの変化もなれば、給料を払う必要もありません(維持費などのランニングコストが当然かかりますが、、。)

このような時代的な背景もあり、日本でも2020年から「英語」「プログラミング」小学校のが必須科目として取り入れられる話が進んでいると言われています。

AI・ロボットに指示を出すプログラミングができる人材が必要とされていますが、今の時点では圧倒的に不足していると言われています。

では、AIやロボットに代わられてしまうと言われている仕事は、どうなっていくのでしょうか?

仮説の一つではありますが、近い将来、ロボットやAIに指示を出す人間がいて、ロボットやAIが生産性の高い労働を行い、その下でロボットやAIから指示を貰う人間・・というSF映画の世界のような未来が待っているかもしれませんよ。

国際社会に向けたスキルだけでなく、プログラミングとも親和性の高い英語も、基礎学習として習い事を進めておくのは有効な選択肢かもしれませんね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語が楽しく学べる環境を与えてあげると、お子様は自らの好奇心によって勝手に学習を進めていきます。そのためには、まず「楽しい」ことが最優先なんです!
将来必須科目になる前に「英語」も「プログラミング」も楽しく習得し、周りの差をつけてみるのも一つの考え方だと思います^^

当スクールのカリキュラムは、英語が全く話できないお子様でも2ヶ月半で基本的なコミュニケーションがとれるようになります。

ご興味のある方はぜひ体験会にお申し込みくださいませ^^

 

体験会は、以下のお問い合わせフォームからご予約くださいませ。

・体験会のお申し込みはこちらから↓

体験レッスンのお申し込み
2017-11-29T17:07:13+00:00
IDEAKIDS