IdeaKidsの教具紹介!木製ロボット「Cubetto(キュベット)」でプログラミングで遊ぶ

Cubetto(キュベット)は、手を使って遊ぶ木製のおもちゃです。

子供達は、キュベットと一緒に冒険をしながらプログラミングの基礎を学ぶことができます。

単純な構造で、プログラミングの言語も必要なく、また文化的・宗教的に偏ることなくデザインされています。世界中の教育者や親に広く受け入れられ、90カ国以上の教育機関や個人で利用されている話題の商品です。

木製のおもちゃ「キュベット」でプログラミングの基礎を学ぶ!

キュベットはかわいらしい木製のロボットです。手をつかった遊びを通じて、子どもたちはコンピュータプログラミングの基礎を身につけることができます。モンテッソーリ公認、LOGO Turtleにインスパイアされた玩具です。

キュベットをお使って教育するお母さま方の声

キュベットはデジタル画面を使わない、木製のかわいらしいプログラミング玩具です。

パソコンも文字も必要ないので、3歳の子どもでも箱から出した瞬間からキュベットと遊ぶことができます。

キュベットを使うことで、システムに動かされるのではなく、よりよい世界を作ることを考える子どもになること間違いなしです!

キュベットのコーディングキッドの内容

1.キュベット本体

キュベットは手触りの良い、丈夫な木製のロボットです。

スクリーンやモニターを使わずに、プログラミングを学べるキッドです。

2.コーディング用のブロック

キュベットは、コーディング用のブロックを使って触って動かします。プログラミング言語は使いません。

ブロック一つ一つがコマンドになり、組み合わせてプログラムを作ります。

・緑色のブロックは「前」

・黄色のブロックで「左」

・赤色のブロックで「右」

・青色のブロックは「ファンクション(簡単な関数)」

このようなブロックごとの機能をうまく使い、キュベットを動かします。

3.ボード

ブロックをボードにはめて、キュベットに指示を出します。青いボタンを押すと、作ったプログラム通りにキュベットが動きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

IdeaKids(アイデアキッズ)でプログラミングの教育で使う教具をご紹介させていただきました。モニターを使って、プログラミング言語でコーディングすることだけでは、お子様のチカラは伸びません。

キュベットのような楽しんで学べる教材を使い、また、IdeaKids(アイデアキッズ)の独自のカリキュラムで「英語」を使って「プログラミング」をお教えしています。

子供にとって興味のある分野で、楽しく学ぶことができるのが最大の強みです^^

お子様が将来役立つスキルを身に付けるなら、当スクールには最高の環境が整っていますよ!

2017-11-29T17:07:12+00:00
IDEAKIDS