【江東区】英語と学ぶ子どもプログラミングキャンプ

今年最後のレッスンが無事終了しました!皆んさん、お疲れ様でした。

そのキャンプの様子を紹介したいと思います。
江東区英語で学ぶプログラミング「IDEAKIDS」では、まず英語のテーマに合わせて独自の英語レッスンを始めます。冬のプログラミングキャンプのためにIDEAKIDSのノウハウを集めて特別に制作されたワークブックにその楽しさと秘密があります。

英作文に自ら挑戦できるワークブック

江東区の英語・プログラミングスクールIDEAKIDSで提供されるワークブックには、さまざまなアクティビティが収録されており、英語書きに自信がない子どもでも自信を持つように手伝いします。 具体的な例文と手順を提案し、英作文に自ら挑戦することができます。

今回は、クリスマスをテーマにし、世界のみんなはどのようにクリスマスを過ごしているか、現在サンターはどこにいるかなどについて話した後、自分だけの特別なセレブレーションを英語で書いて友たちみんなと共有しました。

自分だけのセレブレーションを5W1Hの規則に従ってのアイデアと言葉を使って文書に書きました。

プログラミングの基礎を学ぼう:シーケンス

その次、コンピューターサイエンスの時間にはプログラミングを学ぶために基本になる「シーケンス」を子どもたちからいつも愛されているBeeBotと一緒に学びました。

「Forward」「Turn Light」「Turn Left」IDEAKIDSの中は、子どもたちの大きな歓声と笑い声であふれました。

じゃ、本格的にプログラミングを始めてみよう。Let’s Do Programming!
まずは、スクラッチの基本操作から学びましょう。
Scratch(スクラッチ)の基本のインタフェースやスプライト、背景などを学ぶことに夢中になっている子どもたち。

例えば、IF-Thenという条件の分岐を学ぶときは、面白い文書でみんな大笑い!
If Mom and Dad is out of house then I play games all day!

条件が満たされていれば実行されるということを英語と組み合わせて学びました。

もちろん、全ての授業は英語。たまに、英語で理解ができなかったら日本語でもサーポートしてくれました。

プログラミングで作品を作ろう

スクラッチの基礎を学んだ後は、キャンプのハイライトプログラミング「Christmas Gift」を作りました。

多いスクラッチのブロックに驚いた子どもたちが、一つずつブロックを組み合わせながら完成し、楽しく遊びましたー。

お母さんやお父さんの前で発表の時間。ドキドキしながらも英語で自信を持って発表しました。

みなさん、二日間お疲れ様でした。

まとめ

江東区英語で学ぶプログラミング「IDEAKIDS」では、英語とプログラミングの基礎を同時に学ぶことができます。ただ、スキルを学ぶではなく使える英語と考える力を学ぶことができます。一回、楽しいIDEAKIDS(アイデアキッズ)の体験会に参加してみるのは、いかがでしょうか。

運営:株式会社Zarigus(ザリガス)

会場:〒135-0006 東京都江東区常盤2丁目10−10

体験会に申し込み
2017-12-30T17:08:56+00:00
IDEAKIDS