冬休み特別コース(Scratch) 2017-09-04T19:28:07+00:00

Scratchイングリッシュコース

対象:小学校3年生〜6年生

Scratchイングリッシュコース:

2日間のコースです。前半に英語で基礎学習とゲームの開発、後半には、カスタマイズを行い最後に子供たち自らが作ったゲームをプレゼンテーションします。作ったゲームはご自宅環境でもご利用いただけます!
※ ネイティブインストラクターと英語でプログラミングを学ぶ冬休み集中コースになります。

対象  小学2年生〜小学6年生
Level  ★★★☆☆
日程 1227日(火)、1228日(水)(計2日間)
時間 10:00-15:00
料金 18,000円(税別)
事前割引:12月15日までの申し込みで、
1,000円 OFF!
定員   6組(定員になり次第、募集を終了させて頂く場合がございます。)
会場 東京テレコムセンター14F
*イベント募集人数が定員に満たない場合や、
著しい悪天候の場合は開催を中止する場合がございます。
お申し込み

概要

Scratch(スクラッチ)は、MITメディアラボで開発された子ども向けプログラミング教育言語で、ストーリーテリング、ゲーム、アニメーションなどが作れます。LEGOのように、ブロックを繋げるだけて作成できますが、プログラミングの基礎をしっかりと学ぶことができます。又、簡単なプログラムから始まり、高度な応用も可能で、世界中の人たちがScratchを使いプログラミングを学んでいます。子ども達は、楽しいシューティングゲームを作るプロジェクトを通じて重要な概念(例えば繰り返し、条件文、変数、イベントなど)を学びます。

英語の重要性は言うまでもありませんが、なぜプログラミング教育にとっても英語が重要なのか。当アカデミーでは、二つの理由によるものと考えています。

1。英語が分かれば理解が早い:
プログラミング言語の大半は英語圏から開発されたものです。そのため、多くのプログラミング言語の文法は英語と同じです。

2。英語が分かれば情報を早く幅広く取得できる:
プログラミング関連最新情報は英語で発信される場合が多いため、常に最新の技術を学習することができます。

english_program

1.Move, Walk, Jumpなど基本的な動作をキャラクターを動かしながら学ぶことで、英語に興味を持たせる!

2.外国人講師と一緒に英語でワークショップを体験しながら、自分だけの作品をつくることで、体験といっしょに英語を使う自信がつく!

3.自分が作った作品を英語で発表する!

こんな子におすすめ

・パソコンに慣れてない子ども
・自分だけのゲームを作ってみたい
・ゲームやYoutube以外にもパソコンを使ってみたい
・英語を楽しく学びたい子ども

2日間の流れ

GOAL

  • パソコンを正しく使える方法を学ぶ
  • プログラミングを学ぶ
  • コンピューターサイエンス概念を理解する
  • 論理的な思考力ロジカルシンキング問題解決力共同作業を学ぶ
  • 自分のプロジェクトを発表することによって自己表現力を養成する

開発作品例

小学校2年生がスクラッチで作ったリンゴキャッチーゲームです。
可愛いゼロンの顔が変わる事が面白いです。
リンゴを受け取ると、「点数が上がる」
虫を受け取ると、「点数が下がる」、時間制限まである本格的ゲームです。

お申し込み